2018年12月13日

【解決事例/013】 橈骨骨折で12級を受けた被害者に1200万円超の獲得を実現した例

, , , ,

相談のきっかけ  被害者が,バイクで直進中,加害者運転の対向車が右折したために衝突。被害者は,右橈骨遠位端開放骨折のほか,さまざまなケガを負いました。  事故から2か月後,被害者は,保険会社から提示されたバイクの損害額に納得できず,弁護士に問い合わせをしました。   当事務所の活動 ① 通院のケア  被害者は... 続きはこちら≫

2018年10月24日

【解決事例/012】 大腿骨偽関節14級に対する異議申立で12級を獲得した事例

, , , , ,

相談のきっかけ  被害者が原付バイクで直進中,加害者運転の対向車が右折したために衝突。被害者は,大腿骨骨折のケガを負い,入院しました。  被害者は,医者と保険会社から症状固定と言われたため,後遺障害について相談したいと弁護士に問い合わせをしました。   当事務所の活動 ① 弁護士による後遺障害等級申請  症状... 続きはこちら≫

2018年10月11日

【解決事例/011】 頚椎捻挫を負った兼業主婦が主婦休損を認められ,約1.5倍の増額を実現した例

, , ,

相談のきっかけ  依頼者は,大分在住の40代兼業主婦でした。  依頼者は,自動車を運転して,交差点を直進している際,交差点に進入してきた加害車両に右方向から衝突され,頚椎捻挫等の傷害を負いました。  依頼者は,頚部の痛みのために,約8か月通院。その後,相手方保険会社から,約70万円の支払い提示を受けました。  依頼者,... 続きはこちら≫

2018年02月18日

【解決事例/010】 パート女性について休業損害等を裁判基準で賠償を受けた事例

, ,

相談のきっかけ  依頼者は,狭い道路での離合まち停車中,後方駐車場からバックで路上進入してきた自動車に衝突されました。  依頼者は,パートタイマーでしたが,休業損害ついて質問したいと弁護士に問い合わせをしました。   当事務所の活動  休業損害・傷害慰謝料について裁判基準で解決することが出来ました。 とりわけ... 続きはこちら≫

2018年02月17日

【解決事例/009】 40代会社員男性が傷害部分につき裁判基準での賠償を受けた事例

,

相談のきっかけ  依頼者は,後続車に追突される事故に遭い,外傷性頚部症候群のけがを負いました。  依頼者は,後遺障害認定で非該当の結果を受け,保険会社から示談金の提示を受けましたが,その金額の妥当性を知りたいと,弁護士に問い合わせをしました。   当事務所の活動  当事務所は,依頼者は症状固定後も入院治療を受... 続きはこちら≫

2018年02月16日

【解決事例/008】 頚部神経症状の残存した自営業男性が14級を獲得し裁判基準での賠償を受けた事例

, , , ,

相談のきっかけ  依頼者(40代自営業者)は,自動車で走行中,車線変更をしようとしたトラックに後方から追突されそのまま数百メートル押し込まれるという事故に遭い,頚椎捻挫・腰椎捻挫のけがを負いました。  依頼者は約8か月間の通院加療をするも上肢のしびれや頚部の痛みが続いたため,後遺障害について詳しく知りたいということでお... 続きはこちら≫

2018年02月15日

【解決事例/007】 腸骨・肋骨骨折につき14級の認定を受け示談金額が約1.8倍となった事例

,

相談のきっかけ  依頼者は,自転車で走行中,自動車にはねられ,左腸骨・左第10肋骨骨折のけがを負いました。  依頼者は,14級9号の後遺障害等級を受け,保険会社から示談金の提示を受けたものの,金額の妥当性を知りたいと弁護士に問い合わせをしました。   当事務所の活動  保険会社の提示金額は裁判基準を明らかに下... 続きはこちら≫

2018年02月12日

【解決事例/006】 頚椎捻挫の被害者について2倍以上・178万円の増額を実現した事例

, ,

相談きっかけ  依頼者は赤信号停車中,後続車による玉突き事故のため頚椎捻挫のけがを負いました。  依頼者は,14級の等級を得て,保険会社から示談金の提示を受けた際,その金額の妥当かの確認をしたいと考え,弁護士に問い合わせました。   当事務所の活動  ①当事務所の検討の結果,提示金額が裁判基準に大きく満たない... 続きはこちら≫

2018年02月10日

【解決事例/005】 死亡事故において裁判を経て650万円を増額した和解を獲得した事例

相談のきっかけ  依頼者は,事故によって80代の父親を亡くされた遺族の方でした。  依頼者は,相手方保険会社担当者の対応が良くなかったことと,「自賠責保険以上は支払えない」と言われたことから,弁護士に問い合わせをしました。   当事務所の活動 ①交渉ではとても合意できる金額にならなかったことから訴訟を提起しま... 続きはこちら≫

2018年02月10日

【解決事例/004】 頚椎捻挫で後遺障害14級が認定され示談交渉で2.6倍の賠償額を実現した事例

, ,

相談のきっかけ  依頼者は,信号待ち停車中に後続車に追突される事故に遭い,外傷性頚部症候群のけがを負いました。  その後,14級9号の認定がされ,保険会社から示談金の提示を受けましたが,提示金額の妥当性に疑問を持ち,弁護士に問い合わせをしました。 当事務所の活動  保険会社からの示談金の提示を見ると,一見して明らかに低... 続きはこちら≫

2018年02月10日

【解決事例/003】 頚椎・腰椎捻挫の男性について症状固定前からのサポートにより14級を獲得した事例

, , ,

相談のきっかけ  依頼者は,信号待ち停車中に後続車に追突される玉突き事故に遭い,頚椎捻挫・腰椎捻挫等のけがを負いました。  依頼者は,以前に当事務所にご依頼頂いていたことから,この事故についても当事務所に依頼されました。   当事務所の活動  ①当事務所を通じた後遺障害申請により14級9号を獲得しました。  ... 続きはこちら≫

2018年02月09日

【解決事例/002】 頚椎捻挫・腰椎捻挫で併合11級を獲得し適切な賠償を受けた事例

, , ,

相談のきっかけ  依頼者は歩行中,後ろから走行してきた自動車にはねられました。  依頼者は,頚椎捻挫・腰椎捻挫のけがを負い,行政書士に依頼して後遺障害申請を行ったところ,併合11級が認定されました。  しかし,今後の交渉を弁護士に任せたいという気持ちから,弁護士に相談しました。   当事務所の活動  裁判基準... 続きはこちら≫

2018年02月08日

【解決事例/001】後遺障害診断を適切に受けた上で示談金額を約30倍に増額した事例

, ,

相談のきっかけ  横断歩道歩行中,右折してきた自動車に衝突され,右橈骨遠位端部骨折などのケガを負う。  依頼者は,保険会社から示談金額48万円を提示され,疑問に感じたため,弁護士に相談。   当事務所の活動  ①右手首の可動域制限があることを明示した後遺障害診断書を入手し,弁護士が自ら後遺障害等級申請を行いま... 続きはこちら≫

2016年06月01日

専門医との連携

専門医との連携   後遺症の種類によっては、医学的にも診断が難しく、また、自賠責の認定基準が詳細で厳しいものがあります。  そのように、特に認定が難しいケースでは、交通事故の後遺障害の等級認定についての医療調査を専門的に行っている医療調査会社に医療調査を依頼し、認定手続に必要な調査を行ってもらうようにしていま... 続きはこちら≫

2016年06月01日

事故直後からのサポートの徹底

事故直後からのサポートの徹底  当事務所は、大分県内における交通事故案件に特に力を入れており、日々、多くのご相談やご依頼をいただいています。  大分での交通事故にかけては、所属弁護士・事務スタッフとも、地域特有の個別の事情まで含めて精通しています。  また、交通事故の案件は、事故直後のできるだけ早い段階で弁護士に相談又... 続きはこちら≫

2016年04月19日

マイナンバーセミナー

マイナンバーセミナー 日時:平成28年1月27日 18時30分~21時 場所:ホルトホール大分 403会議室 主催:大分みんなの法律事務所 『企業経営者のためのマイナンバー&経営セミナー』 第1講座 経営者に伝えたいマイナンバー制度の準備対応  弁護士 倉橋 芳英  平成28年1月からマイナンバー制度の利用が開始されま... 続きはこちら≫

2016年04月05日

メンタルヘルス徹底対処法セミナー開催

メンタルヘルス徹底対処法セミナー開催のお知らせ 当事務所の弁護士がセミナーを開催いたします。 詳しくはこちらをご覧ください。 続きはこちら≫

2016年02月10日

大分在住の男性の死亡事故において裁判を経て650万円を増額した和解を獲得した事例

大分在住の男性の死亡事故において裁判を経て650万円を増額した和解を獲得した事例 1 事故の発生  依頼者は,大分在住の方で,交通事故で80代の父親を亡くされた遺族の方でした。  故人は,横断歩道を歩行中に,進行してきた自動車に衝突され,亡くなりました。 2 相談のきっかけ  依頼者は,相談当初より,「相手方保険会社の... 続きはこちら≫

2016年02月05日

社内勉強会(模擬相談)に参加しました。

はじめまして。事務員のKです。 事務所移転に伴い,8月から当事務所に入社致しました。 前職は損害保険会社で働いていました。みなさま,どうぞよろしくお願い致します。   さて,先日のことですが,社内で行われる2回目の勉強会に参加しました。 今回の内容は模擬相談です。 普段は弁護士だけが相談に入っている為,どんな内容を話し... 続きはこちら≫

2016年02月04日

【解決事例】 治療費打ち切りを提案された方の治療を延長し14級を獲得した事例

, , ,

相談のきっかけ  被害者は大分在住の30代会社員(男性)で,追突事故に遭い頚椎捻挫・腰椎捻挫のけがを負いました。  被害者は事故から3か月で相手方保険会社から治療費の打ち切りを通告されたため,弁護士に問い合わせをしました。   当事務所の活動  ①医師面談を行い,治療継続の必要性を裏付けました。  ②後遺障害... 続きはこちら≫