コロナ感染予防対策について

弊所では、お客様に安心して来所して頂けるよう、下記のコロナ感染予防対策を実施しています。

  • 各相談室へ空気浄化装置(パワーラジカル)の設置
  • お客様来所時の手指消毒用アルコールの設置
  • 来所前後の相談室消毒(テーブル、イス、ドアノブほか)
  • 弁護士、事務員全員のマスク着用
  • 弁護士、事務員のこまめな手洗いと消毒
  • 事務所内に空気浄化装置(イオンラジカルシャワー)の設置
  • 来所が心配という方は、WEBでの法律相談も可能です。
    ※但し、ご自身にてZoom環境が必要となります。
    日程調整後に担当事務員より、ZoomURLをご相談者様のメールアドレスに送付致します。

※弊所では、空気浄化装置の浄化効果を高める目的で、部屋の換気は必要最低限に留めております。

 

当サイトへのお問い合わせに関するお願い

現在、弊所のホームページのお問い合わせフォームにおいて、送信した内容が弊所へ届かないという不具合が数件発生しております。

フォームから送信後、2営業日以内に所員からの連絡がない際は、不具合によりメールが弊所に届いていない可能性があります。
大変恐縮ではございますが、その際は直接フリーダイヤルまでご連絡をいただけますと幸いです。


お問い合わせフォーム

STEP 1
  • お名前必須
  • フリガナ必須
  • 電話番号番号必須
  • メールアドレス必須

  • 事故発生年月必須

  • けがの内容(複数選択可)必須

  • けがの部位(複数選択可)必須

  • 治療段階必須

  • 弁護士費用補償特約の有無必須

  • 無料相談の予約について必須

  • 住所(市町村まで)任意
  • 傷病名任意
  • 特に聞きたいこと(複数選択可)任意


  • 自由入力欄任意

どうか結論を先延ばしにされないでください。

交通事故被害は時間との闘いです。

交通事故にあった直後から、加害者が契約する保険会社の担当者と、色々なことを交渉しなければなりません。例えば、どの病院でどのような治療や検査をするか、労災保険や健康保険を使うかどうか、収入が減った分の補償をどうするかなど、とても大事なことを事故の直後から決めていかなければなりません。
誤った対応をしてしまうと、本来、支払ってもらえるはずの休業補償などが支払われなかったり、将来もらえるはずであった慰謝料などの賠償金が少なくなったり、後遺障害が適切に認定されなかったりする不利益を被害者が被ってしまいます。
弁護士に早めに相談いただくことで、これらのことを回避するためのアドバイスを受けられます。

また、交通事故処理のプロである保険会社の担当者と、交通事故についての知識があまりない交通事故被害者とでは、対等な交渉にはなりません。加害者の保険会社とのやり取りは、被害者にとって、精神的に大きなストレスとなりますし、知らない間に被害者側に不利な状況に追い込まれていくこともよくあります。
弁護士に早めに相談いただき、全てお任せいただくことで、精神的なご負担が解消されるとともに、被害者側に不利な状況となることを避けることができます。

もし少しでも「話を聞いてみよう」と思われた場合は、どうぞ下記電話番号又はフォームからご連絡いただき、「話だけでも聞いてみたいんだけど・・・」とお伝えください。

ご相談は無料ですし、ご依頼のタイミングで弁護士費用も変わりません。他にすでにご相談されていても、セカンドオピニオンのご希望でも全く問題ございません。

交通事故にあったことによる不安やストレスからいち早く解放され、治療や復職に専念していただくために、力にならせていただきます。あなたからのご相談を弁護士及びスタッフ一同、お待ちしております。