弁護士紹介

倉橋芳英弁護士

経歴

倉橋芳英弁護士

  • ●大分市に生まれる
  • ●私立岩田高等学校卒業
  • ●慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • ●神戸大学大学院法学研究科実務法律専攻修了
  • ●司法研修所入所弁護士登録
  • ●東京都港区所在の法律事務所に入所,大分みんなの法律事務所開設

所属

◆学会

日本交通法学会正会員

◆大分県弁護士会

司法修習委員,研修委員,法律相談センター委員,将来構想検討委員,国債員,(財)日弁連交通事故相談センター委員

◆弁護団

B型肝炎九州訴訟大分弁護団

交通事故案件の実績

当事務所を開設してから、大分県内から年間250件近くのご相談を頂いております。大分県内での交通事故については、全国有数の実績を残してきました。
後遺障害等級第1級の高次脳機能障害などの重傷案件から、軽微な物損事故の案件まで、交通事故案件については、幅広くご相談・ご依頼を頂いております。
交通事故案件は、地域密着でこそ良い解決につながると考えています。地域の医療機関・医師に精通することで、治療のアドバイスや医師面談・医証収集を的確に行うことができます。また、地域の保険会社や裁判所に精通することで、交渉や訴訟活動が的確に行うことができます。今後も、地域密着の強みにこだわり、大分での交通事故に取組んで参ります。

交通事故弁護・解決に関する思い

数多く交通事故の被害者側の案件に取り組んできて、数多くの交通事故被害者と向き合ってきました。その中でいま思うのは、多くの賠償金を得ることだけが弁護士の仕事ではないということです。もちろん、多くの賠償金を取ることは最も大事な弁護士の仕事で、そこに全力を尽くすことは当然ですが、それ以外のことも、とても大事であると多くの被害者と向き合ってきて思うようになりました。被害者の一番の望みはケガがしっかりと治ることであり、交通事故にあう前の生活に戻ることです。そのための治療のアドバイスを適切に行うこと、できる限り希望する治療を受けることができるように方策を尽くすこと、早期の職場復帰を依頼者と目指すこと、賠償金を得た後でもでき得るサポートはないか考えること。これらは、賠償金を増やすこととは、直接は関係しませんが、とても大事なことであると感じています。
そのうえで、どうしても症状が治らなかった方には、適切な後遺障害の認定を得て、適切な賠償金を得ることに、こだわっています。この点こそが、交通事故案件で最も専門的技術を発揮できる場面であり、日々研鑽を積み、難しいケースでもできる限りの方策を尽くしています。

趣味

本を読むこと

幼い頃から本を読むことがとても好きです。大きな本屋に行けば,何時間でも過ごせてしまいます。偏りなく色々なジャンルの本を読みます。村上春樹さん,司馬遼太郎さんの小説や遠藤周作さんのエッセイなどは特に好きでよく読みます。最近は,松下幸之助さんや稲森和夫さんといった経営者の方が書かれた本もよく読みます。 目標は,年間150冊の本を読むことです。

小野貴久弁護士

経歴

小野貴久弁護士

  • ●大分県大分市出身
  • ●同志社大学文学部卒業
  • ●福岡大学法科大学院修了
  • ●司法研修所入所
  • ●大分県弁護士会登録
  • ●同時に大分みんなの法律事務所に入所

交通事故弁護・解決に関する思い

交通事故は予期せぬ出来事であり,突然,苦痛の中に巻き込まれてしまいます。
事故後にしなければならないことはとても多く、深く考える余裕の無い中、保険会社との交渉も行うことになります。知識の差もあいまって、被害者の方にとって一方的に不利な約束を取り付けられてしまうことも少なくありません。
われわれ弁護士に保険会社との交渉を任せることで、適正な治療に専念でき、また,適正な賠償を導くことが可能です。
被害に遭われたご本人やご家族の負担を少しでも軽減できるように,1つ1つのご相談に全力で取り組み,適正な解決をめざします。

趣味

①スポーツ全般(するのも,観るのも)

学生時代,サッカー部,陸上競技部(中・長距離)に所属していたため,今でも体を動かすことは大好きです。最近は,マラソン大会に参加したり,フットサルをしたりしています。

②狂言(すること・観ること)・歌舞伎(観ること)

大学時代,大蔵流の狂言を演じるサークルに所属し,卒業後もOB会に所属し,約10年間,狂言を演じてきました。年に10回以上は舞台に立ち,京都の能楽堂や八坂神社,滋賀県の三井寺,彦根城能舞台,九州では,霧島神宮で狂言を演じました。

③福岡ソフトバンクホークス

ホークスのファンクラブに入って10年ほどになります。年に数回は球場に足を運び,熱気の中でホークスの応援をしています。非日常の雰囲気で,お酒を飲みながら,大声で声援を送るとストレスの発散になります。