【解決事例/068】事故による治療中に再度事故に遭った被害者が,異議申し立てを経て14級を獲得した例

, , ,

依頼者属性

性別男性

年代30代

職業会社員

 

事故態様と相談

事故場所大分市

事故状況信号待ち停止中に追突された

相談のタイミング事故後すぐ

相談のきっかけ以前の事故で依頼中のため

 

怪我と後遺障害

傷病名頚椎捻挫,頚椎椎間板ヘルニア

自覚症状頚部の痛み,指の痺れ

後遺障害等級14級9号

 

保険会社提示額

事前提示なし(保険会社が金額を提示する以前に弁護士が介入したため)

 

獲得賠償金額

損害項目最終受取金額

金額約240万円

備考治療費などを含めた賠償総額約430万円

 

担当弁護士の振返りポイント

 このケースで特徴的なのは,最初軽微な追突事故により軽傷を負った後,その治療中に,再度激しい追突事故を起こされたということです。


 このような場合,最終的に残存した症状の後遺障害等級は,最初の事故のけがやその治療経過と,二回目の事故のけがやその治療経過を加味して,決定されることとなりますので,必要資料が膨大になります。
 また,等級の獲得に必要な期間も長期化します。この被害者の方には,根気強くお付き合いいただき,感謝しております。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中