【解決事例/052】駐車場進入時において,隣の区画に駐車していた車両のドアの開閉につき,注意義務違反を考慮した事案(示談)


依頼者属性

性別女性

年代30代

職業会社員

 

事故態様と相談

事故場所大分市

事故状況駐車場内で,後退で枠内に駐車したところ,隣に停止していた車の運転手がいきなりドアをあけ,左フロント部に傷がついた。

相談のタイミング2か月後

相談のきっかけ相手が交渉に応じず,事案が進まなかったため,相談

 

保険会社提示額

事前提示なし(保険会社が金額を提示する以前に弁護士が介入したため)

 

獲得賠償金額

損害項目最終受取金額

金額約2万円

備考依頼者側の過失も認めた 

 

担当弁護士の振返りポイント

 物損であるため,当時の具体的事情について明確な証拠がありませんでした。これは物損では実況見分調書が作成されないためです。
依頼者の証言によれば,加害者の一方的過失ということになるのですが、立証の困難性から,一定程度の互譲をせざるを得なかった事案です。

 物損のみの場合は,事故現場・破損状況など,客観的状況からどこまで主張できるか、矛盾はないかといった観点からの慎重な検討を要します。
 また、この点を依頼者にきちんと説明することが大事だと思っています。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~