逸失利益

2018年04月10日

【解決事例/031】腰の骨折につき11級7号の後遺障害が認定され、過失割合と逸失利益に争いはあったが、当方の主張が認められて示談に至ったケース

, , , ,

依頼者属性 性別:男性 年代:40代 職業:自営業   事故態様と相談 事故場所:中津市 事故状況:駐車場内の横断歩道を歩行中、駐車場内を走行している車にはねられた。 相談のタイミング:事故から約1か月後 相談のきっかけ:適正な賠償金を得るために、示談交渉などを弁護士に依頼したいということでご相談にいらっしゃ... 続きはこちら≫

2018年03月22日

【解決事例/024】胸椎圧迫骨折などの重傷を負ったケースにつき、事故直後からご依頼を受けたことで、早期に高額での賠償を得て示談をすることができたケース

, , , ,

依頼者属性 性別:女性 年代:30代 職業:兼業主婦   事故態様と相談 事故場所:大分市 事故状況:赤信号停止車中に,信号無視の上,ハンドル操作を誤った対向車が中央線を越えて衝突してきた。 相談のタイミング:事故から1週間での相談 相談のきっかけ:ご本人様が入院中のため,ご主人より相談。大きな事故に遭うのが... 続きはこちら≫

2017年08月01日

【解決事例/017】左脛腓骨骨折・左下腿醜状痕のケガを負った7歳児が300万円以上増額示談した事案

, , , , , , ,

1. 事故発生 未成年の女子が、横断歩道のない道路を横断中に普通乗用車にはねられる交通事故に遭い、左脛腓骨骨折・右下腿打撲・左下腿皮膚潰瘍のケガを負いました。   依頼者は、事故後、入通院治療経て、左脛腓骨骨折と左下腿部の瘢痕・線状痕につき後遺障害の等級認定を受けました。その結果、左脛腓骨骨折については、不正... 続きはこちら≫

2014年12月24日

60代会社員男性が、左腸骨骨折・左第10肋骨骨折につき14級9号の後遺障害等級の認定を受け、交渉の結果、示談金額が約1.8倍となった事例(約106万円増額)

, , ,

事故発生  依頼者は、自転車で走行中、信号のない交差点で左から侵入してきた自動車にはねられる交通事故にあい、左腸骨骨折・左第10肋骨骨折のケガを負いました。   相談・依頼のきっかけ  依頼者は、通院治療を続けた後に症状固定となり、後遺障害診断を受けた結果、左腸骨骨折後の左腸骨部痛につき、14級9号の後遺障害... 続きはこちら≫

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中