420)RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)

2015年03月14日

RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)とは?

RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)とは? RSDとは  RSDとは、「交感神経の異常な反射亢進を基盤とする疼痛、膨張、関節拘縮などを主な症状とする病態」と定義されます。  人は何らかの原因で外傷を受けた場合、外傷から身を守るために体内では正常な交感神経反射が起こり、四肢の血管がいったん収縮します。  すなわち、血... 続きはこちら≫

1920年02月10日

むちうち解決例(頚椎捻挫・腰椎捻挫・外傷性頚部症候群)

,

むちうち(頚椎捻挫・腰椎捻挫・外傷性頚部症候群)の解決例   頚椎捻挫・腰椎捻挫を受傷し治療費打ち切りを提案された大分在住の30代男性会社員が,治療を延長し14級を獲得した事例   腰椎捻挫の40代会社員男性について,症状固定前からの等級認定のサポートをした結果14級9号の等級が認定され,裁判基準で示談した事例 その他... 続きはこちら≫

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中