11602)各部位の損傷による障害

2015年03月14日

各部位の損傷による後遺障害

各部位の損傷による後遺障害  交通事故によって、骨折や脱臼、筋肉・腱・靱帯の損傷、そして神経の損傷や麻痺というケガを負うことがあります。これらのケガ自体は一応治ったものの、不具合が残ってしまった場合には後遺障害として認定される可能性があります。    この場合の後遺障害認定で特にポイントとなるものは次の3点で... 続きはこちら≫

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中