112)60代会社員男性が、左腸骨骨折・左第10肋骨骨折につき14級9号の後遺障害等級の認定を受け、交渉の結果、示談金額が約1.8倍となった事例(約106万円増額)

2014年12月24日

60代会社員男性が、左腸骨骨折・左第10肋骨骨折につき14級9号の後遺障害等級の認定を受け、交渉の結果、示談金額が約1.8倍となった事例(約106万円増額)

, , ,

依頼者属性 性別 男性 年代 60代 職業 会社員 事故態様と相談 事故状況 自転車で走行中、信号のない交差点で左から侵入してきた自動車にはねられる 相談のタイミング 保険会社からの示談提示 相談のきっかけ 保険会社の提示金額が正当な金額が知りたいため 怪我と後遺障害 傷病名 左腸骨骨折・左第10肋骨骨折 自覚症状 左... 続きはこちら≫