109)50代会社員が、頸椎捻挫・腰椎捻挫について専門家のサポートにより被害者請求を行った結果、併合11級の後遺障害等級が認定され適切な賠償金額(約1398万円)を獲得することができた事例

2014年09月22日

50代会社員が、頸椎捻挫・腰椎捻挫について専門家のサポートにより被害者請求を行った結果、併合11級の後遺障害等級が認定され適切な賠償金額(約1398万円)を獲得することができた事例

50代会社員が、頸椎捻挫・腰椎捻挫について専門家のサポートにより被害者請求を行った結果、併合11級の後遺障害等級が認定され適切な賠償金額(約1398万円)を獲得することができた事例 1 事故発生 依頼者は、歩道を歩行中、後ろから走行して来た乗用車にはねられる交通事故にあい、頸椎捻挫・腰椎捻挫・背部打撲のケガを負いました... 続きはこちら≫

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中