106)腰椎捻挫の40代会社員男性について,症状固定前からの等級認定のサポートをした結果14級9号の後遺障害等級が認定され,その後,裁判所基準で示談をすることができた事例

2014年08月29日

腰椎捻挫の40代会社員男性について,症状固定前からの等級認定のサポートをした結果14級9号の後遺障害等級が認定され,その後,裁判所基準で示談をすることができた事例

腰椎捻挫の40代男性が14級9号のが認定され裁判所基準で示談できた事例 1. 事故発生 依頼者は,交差点で左折するために停車中に,後続のトラックに追突されるという交通事故に遭い,外傷性頸部症候群・腰椎捻挫のケガを負いました。   事故後,整形外科での通院治療を行い,外傷性頸部症候群の自覚症状については約1か月... 続きはこちら≫