102250706)会社員男性が,後遺障害等級がつかなかったことについて相談した例

2015年03月24日

会社員男性が,後遺障害等級がつかなかったことについて相談した例

会社員男性が,後遺障害等級がつかなかったことについて相談した例 カーブで対向車線から飛び出してきた対向車を避けて斜面に乗り上げてしまう交通事故にあいました。 この事故で、頸椎捻挫・腰椎捻挫のケガを負いました。 手足にしびれがあり、頚部に狭窄症の所見が見られたことから、保険会社の担当者からは後遺障害の等級について、「自覚... 続きはこちら≫