【解決事例/011】 頚椎捻挫を負った兼業主婦が主婦休損を認められ,約1.5倍の増額を実現した例

, , ,

相談のきっかけ

 依頼者は,大分在住の40代兼業主婦でした。
 依頼者は,自動車を運転して,交差点を直進している際,交差点に進入してきた加害車両に右方向から衝突され,頚椎捻挫等の傷害を負いました。
 依頼者は,頚部の痛みのために,約8か月通院。その後,相手方保険会社から,約70万円の支払い提示を受けました。
 依頼者,提示された金額が妥当かどうかを確認するため,弁護士に相談しました。

 

当事務所の活動

①後遺障害申請については,等級が得られる確率が高くないと結論づけしました。
 依頼者は,後遺障害申請で時間がかかるより,傷害部分のみで,早期の解決を優先することとしまし た。

②保険会社に対して,兼業主婦としての休業損害を請求しました。

③慰謝料については,もちろん裁判基準での請求を行いました。

 

解決金額

  弁護士介入前 弁護士介入後
示談金額 約70万円 約110万円

 主婦としての家事労働分が反映され,約1.5倍の増額となりました。
 受任から2か月で入金となり,比較的早期の解決が実現できました。

 

解決のポイント

 増額のカギは,主婦としての休業損害でした。

 

 

 

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~