東洋医学による治療

東洋医学による治療

 頸椎捻挫(いわゆるむちうち症)などの場合、被害者の方は、整形外科の治療で満足せず、鍼灸やマッサージの療法を受診することがよくあります。これらの施術料は、被害者の方にしてみれば当然加害者が負担すべき費用だと考えがちです。 しかし、鍼灸やマッサージは、単に健康維持のため受けたのか、当該症状の治療のために必要かつ相当なものであったのか判別しにくいなどの事情があります。 したがって、これらの施術料は、医師の指示がある場合には認められますが、そうでない場合には原則として認められません。 もっとも、医師の具体的な指示がなくても、受傷の内容、治療経過に照らして有効かつ相当な範囲のものであれば認められたケースもあります。温泉治療についても基本的には、上記と同様に考えますが、さらに明確な医師の指示がない限り認められにくく、たとえ認められたとしても減額されがちです。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例