102270107)会社員男性が,足の痺れが残ったが等級非該当となったと相談した例

2015年03月17日

会社員男性が,足の痺れが残ったが等級非該当となったと相談した例

会社員男性が,足の痺れが残ったが等級非該当となったと相談した例 直進車線を走行中、右折していたら対向車線を走行していた直進車にぶつかられた。 打撲を負い通院していたが足の痺れが治らず、医者に後遺障害診断書を書いてもらい、被害者請求をした。 しかし、結果は非該当だった。 そこで異議申立てをしたいのだが、どのようにしたらい... 続きはこちら≫