会社員女性が自損事故での後遺障害の申請について相談した例


会社員女性が自損事故での後遺障害の申請について相談した例

家に帰る途中の左カーブの道路を走行中、右側からイタチが出てきた。
ブレーキを踏んだところ、後方から追突された。
現在、左腰から関節にかけてと足が痛く、杖がないと歩けない状態で、右目は二重に見えるため車の運転ができない。
後遺障害の申請をしたが認定されず、示談金にも不満があるので相談したく電話をしました。