12級

2018年12月06日

【解決事例/058】男性の醜状障害につき逸失利益が認められ示談で解決をしたケース

, , , , ,

依頼者属性 性別:男性 年代:10代 職業:学生   事故態様と相談 事故場所:大分県臼杵市 事故状況:横断歩道を横断していたところ、右側からきた自動車に衝突された。 相談のタイミング:事故後すぐに相談 相談のきっかけ:保険会社とのやり取りなど全面的に弁護士に任せたい。   怪我と後遺障害 傷病名:... 続きはこちら≫

2018年11月28日

【解決事例/053】下肢脛骨高原骨折による症状につき、12級13号の後遺障害が認定され、紛争処理センターの和解あっせん手続により解決をしたケース

, , ,

依頼者属性 性別:女性 年代:30代 職業:家事従事者(兼業主婦)   事故態様と相談 事故場所:杵築市 事故状況:歩道を通行中に、駐車場から道路に急発進で出ようとした自動車にはねられた。 相談のタイミング:約8か月後 相談のきっかけ:休業損害の内払いなどの保険会社との交渉を弁護士に依頼したい。  ... 続きはこちら≫

2017年08月01日

【解決事例/017】左脛腓骨骨折・左下腿醜状痕のケガを負った7歳児が300万円以上増額示談した事案

, , , , , , ,

1. 事故発生 未成年の女子が、横断歩道のない道路を横断中に普通乗用車にはねられる交通事故に遭い、左脛腓骨骨折・右下腿打撲・左下腿皮膚潰瘍のケガを負いました。   依頼者は、事故後、入通院治療経て、左脛腓骨骨折と左下腿部の瘢痕・線状痕につき後遺障害の等級認定を受けました。その結果、左脛腓骨骨折については、不正... 続きはこちら≫

2016年12月13日

【解決事例/013】 橈骨骨折で12級を受けた被害者に1200万円超の獲得を実現した例

, , , ,

相談のきっかけ  被害者が,バイクで直進中,加害者運転の対向車が右折したために衝突。被害者は,右橈骨遠位端開放骨折のほか,さまざまなケガを負いました。  事故から2か月後,被害者は,保険会社から提示されたバイクの損害額に納得できず,弁護士に問い合わせをしました。   当事務所の活動 ① 通院のケア  被害者は... 続きはこちら≫

2016年10月24日

【解決事例/012】 大腿骨偽関節14級に対する異議申立で12級を獲得した事例

, , , , ,

相談のきっかけ  被害者が原付バイクで直進中,加害者運転の対向車が右折したために衝突。被害者は,大腿骨骨折のケガを負い,入院しました。  被害者は,医者と保険会社から症状固定と言われたため,後遺障害について相談したいと弁護士に問い合わせをしました。   当事務所の活動 ① 弁護士による後遺障害等級申請  症状... 続きはこちら≫

2016年02月08日

【解決事例/001】後遺障害診断を適切に受けた上で示談金額を約30倍に増額した事例

, ,

相談のきっかけ  横断歩道歩行中,右折してきた自動車に衝突され,右橈骨遠位端部骨折などのケガを負う。  依頼者は,保険会社から示談金額48万円を提示され,疑問に感じたため,弁護士に相談。   当事務所の活動  ①右手首の可動域制限があることを明示した後遺障害診断書を入手し,弁護士が自ら後遺障害等級申請を行いま... 続きはこちら≫

2014年04月08日

後遺障害診断を適切に受けたうえで示談交渉を行うことで、示談金額を約48万円から約1524万円(約30倍)に増額した事例

, ,

事故の発生  20代男性が,横断歩道を青信号で歩行横断中に,同じく青信号で右折してきた車にはねられるという交通事故に遭いました。  この事故により、右橈骨遠位端部骨折などの怪我を負いました。   相談・依頼のきっかけ  右橈骨遠位端部骨折について、骨癒合は良好でしたが、症状固定後も右手首廻旋時の疼痛、可動域制... 続きはこちら≫

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~