各部位の損傷による後遺障害


各部位の損傷による後遺障害

 交通事故によって、骨折や脱臼、筋肉・腱・靱帯の損傷、そして神経の損傷や麻痺というケガを負うことがあります。これらのケガ自体は一応治ったものの、不具合が残ってしまった場合には後遺障害として認定される可能性があります。

 


 この場合の後遺障害認定で特にポイントとなるものは次の3点です。


 ①関節の可動域制限

 ②動揺関節(※)

 
③固定装具の装着の有無
 

※動揺関節とは、例えば、膝(ひざ)は通常、「伸ばす」と「曲げる」の2方向の動きしかありませんが、左右にも揺れる状態にある関節のことです。

 
 上に書いた3つのポイントなどを総合的に判断して後遺障害の認定が行われます。適正な後遺障害認定を受けるためには、上の3つのポイントを中心に、それぞれの症状に詳しい専門家にきちんと診断をしてもらうことが必要です。

 当事務所では、以上のことを踏まえたうえで、適正な後遺障害の等級認定のサポートをしていますので、お気軽にご相談ください。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~