大分における労災の解決事例


大分における労災の解決事例


右前腕部が切断された事故(後遺障害等級5級)で、約2カ月で2300万円の示談金を獲得した事例

(事案の概要)

 依頼者は、職場工場内のベルトコンベアの修理をしていたところ、他の従業員がそれに気付かずにスイッチを入れたため右前腕部がコンベアに巻き込まれる事故にあいました。依頼者は、この事故により右前腕部を切断することになり、「一上肢を手関節以上で失ったもの」として、労災で5級の後遺障害が認定されました。

 当初、依頼者自身で会社側の弁護士と交渉をしていましたが、会社側の示談金の提示は、1200万円と低く、これ以上の金額交渉の余地はないと通知されたため、弁護士に依頼することにしました。

(結果)

 会社側は、今回の労災事故について、依頼者側の過失が7割あると主張し、1200万円という低額の示談金を提示してきていることがわかりました。


 そこで、災害発生状況の実態把握をすべく、現場調査や目撃者などからの事情聴取を行った結果、会社の主張するような7割もの過失がこちらにあるような事故ではありませんでした。これを踏まえ、依頼者に過失はないという反論をし、これをもとに金額交渉を行いました。その結果、会社側の弁護士も、依頼者の過失を3割程度であることを前提として、2300万円の示談金の提示をしてきました。訴訟まで持ち込んで、こちらに過失がないことを徹底的に争うということも考えられましたが、依頼者が早期の解決を望んだため、3割の過失を前提とした2300万円の金額で示談を行いました。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例