【弁護士ブログ】 弁護士は授業する ~弁護士の業務日記


弁護士は授業する ~弁護士の業務日記


 平成29年もあっという間に1か月が過ぎてしまいました。
 この分だと,すぐに平成30年になってしまうかも・・・
 弁護士の北崎です。

 さて,今日は,先日行ってきた,「出前授業」の話をします。
 弁護士会では,小学校から高校,大学まで,弁護士ならではの授業を提供しています。
 「18歳からの選挙」授業,「ネットトラブル防止」授業「弁護士の仕事ってなんだ」授業…エトセトラ,といった内容です。
 これらの授業を,弁護士会の「法教育委員会」という委員会に所属している弁護士が講師となって行います。

 そして,私も,法教育委員会の委員として,某中学校に派遣されたというわけです。

 これは,学生に,法律のことや犯罪に巻き込まれない知識を得てほしいという目的もありますが,弁護士というものを知ってほしいという目的もあります。
 弁護士が,身近な存在であるとか,頼りになる存在であるとか…いずれは法律家にあこがれを抱いて,素敵な法律家になってほしい,とまあ,こういう願いが含まれた授業
というわけです。

 なので,逆に言えば,楽しい,身になる授業にしないといけないというプレッシャーが大きいのです。
 弁護士が,つまらない,面白くもない授業をしてしまったら,弁護士のことが嫌いになるかもしれませんからね。


(↓作成したパワポ資料をめくりながら心の中で授業のリハーサルをしている様子。)
purezen.jpeg

 しかし,小学生や中学生とは,ジェネレーションギャップがありすぎて,どんな話をすればウケるやら・・・。
 しかも,授業の感想を聞いても,「弁護士先生の授業,全く面白くなかったですよ。」なんて正直に言ってくれる大人はいないわけで。

 元来,法律家というものは,講演を面白くとか,飽きないようにと工夫するのが苦手です。
 裁判や講演会だけでなく,この出前授業でも,創意工夫を求められる時代が来ているのです。

 とにかく練習アンド練習!ですね。

(了)



0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例