【弁護士ブログ】 訴訟以外の弁護士同士 ~弁護士の日常風景


訴訟以外の弁護士同士 ~弁護士の日常風景


 弁護士の北崎です。
 すでにクリスマスツリーを見かける季節になりましたね。
 ですが,弁護士も,クリスマスだろうとお正月であろうと,仕事が入るときは入るというのは皆さんと同じです。

 さて,今日は,弁護士のつながりについてブログを書きます。
 先日,知り合いの弁護士F氏から,「交通事故事案の処理について意見を聞きたい」と言われて,F氏事務所に行ってまいりました。
 長いこと交通事故事案ばかりしているせいか,交通事故についてはよく相談を受けます。
 この日は,事故によって難聴が生じた被害者の,後遺症の立証について意見を求められました。
 (※当然,守秘義務は遵守しております。)

 弁護士同士では,こうやって得意分野を教えあうということは,とてもよくあることです。
 事件の処理や,特殊な手続き,法律的な見解…果ては裁判官の人柄といったことまで情報交換をしております。
 弁護士業務のほかにも,この時期だと,確定申告のやり方なんかも,情報交換し合うことがありますね。

(↓怪我や後遺症を考えるときは,大体この本がとっかかりです。)
s_books.jpeg


 とくに,法律的な見解については,人によって意見が分かれることがしばしばあります。
 なので,自分一人で考えると,結構,ひとりよがりになりがちです。

 この「ひとりよがり」はとても怖いことで,事件の見立てを間違う原因ナンバーワンでしょう。

 法廷で相手方同士として会えば,そっけなく淡々とふるまいますが,相対事件以外はノーサイドというのがマナーなのですね。

 こういった横のつながりも,弁護士の実力,ひいては依頼者のため!ということになるのかもしれません。



 
 

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例