【弁護士ブログ】 司法修習生と。 ~弁護士の日常生活


司法修習生と。 ~弁護士の日常生活

 弁護士の北崎です。
 だんだんと,夜が冷えるようになってきました。
 みなさまお風邪など召されませんように。

 さて,今日は,司法修習生のお話をいたします。
 司法修習生とは,司法試験に合格し,裁判官や検察官,弁護士を目指す人たちのことです。
 司法試験合格者は,毎年12月頃に,司法修習生に任命され,裁判や法律の実務を身に,全国の裁判所に配属されます。
 指導担当裁判官,指導担当検察官,指導担当弁護士のところに,いわば期間限定の弟子入りをして,裁判や実務の基礎を学ぶのです。
 もちろん私も,かつては司法修習生でした。

 今年は,大分には,19人の司法修習生が配属されていました。
 司法修習生とは,未来の法律家。
 多くの弁護士にとって,後輩みたいなものです。
 面倒見のいい弁護士は,実務の指導だけでなく,ビジネスマナーから食事やスポーツといったことまで非常に幅広くお世話をすることもあります。
 しかも,毎年,入れ替わりで来るので,弁護士にとっては,司法修習生と過ごすことも大事な仕事なのです。

 わたしも,今回,われらが未来を担う司法修習生のために,修習生模擬裁判の指導をしてきました。
 修習生模擬裁判とは,司法修習生が,裁判官チーム,検察官チーム,弁護人チームに分かれて,ある刑事事件の裁判を実演するというもので,いわば,司法修習生の集大成の発表の場!
 指導にも熱が入ろうというもので,指導担当の裁判官,検察官とともに,熱心に模擬裁判を観察し,アドバイスをノートに書き留めるということを何時間もしておりました。

 もう,その司法修習生の姿たるや…
 なんというか,若いなあ!とも思われれば,かつての自分を見ているようではがゆい!とも思われました。
 うまいポイントをついたときには,おおっ!と大げさにうれしくなったり…
 やはり,自分の後輩ともいうべき彼らを,いつのまにか応援したくなるんですよね。


 司法修習生は,この模擬裁判のあと,法律家になるための最後の試験に備えるべく,関東にある研修所に旅立ちました。
 どうか,すてきな弁護士になって,わたしたちとともにたたかってほしいなあ。

  了

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例