【弁護士ブログ】 郷土愛ランキング


郷土愛ランキング

 弁護士の倉橋です。

 先日、終日の東京出張がありました。
 移動中は本や雑誌を読むことが多いのですが、その日は移動中に読むために、大分空港で『週刊ダイヤモンド』(3月16日号)を買いました。
 その雑誌は、「ニッポン ご当地 まるごとランキング」という特集が組まれており、日本全国の都道府県・市区町村について、様々なデータを駆使しながら、いろいろな切り口で記事が書かれていました。

 その中でも、特に興味深かったのが、「郷土愛と自慢度からみる‘郷土愛ランキング’」という記事でした。
 このランキングは、ブランド総研究所が、出身都道府県についての「愛着度」(地域と回答者自身の関係性、思い入れ)と、「自慢度」(地域と外との関係性・誇り、外部に積極的に情報発信する性向など)を尋ねてポイント化したランキングです(回答者2万9046円)。
 「愛着度」と「自慢度」の上位3つは、次のとおりでした。


◆愛着度 ◆自慢度
1位 北海道(昨年順位:1位) 京都府(昨年順位:1位)
2位 沖縄県(昨年順位:4位) 北海道(昨年順位:2位)
3位 京都府(昨年順位:2位) 沖縄県(昨年順位:5位)


 まあ、予想通りの結果というか、順当な結果というか、あまり驚きはない結果だと思います。では、大分県は、いったい何位なのだろうかというと・・・

◆愛着度 ◆自慢度
4位 大分県(昨年順位:13位) 6位 大分県(昨年順位:11位)  


 どうでしょうか・・・。

 私は、この順位を見て、予想以上に高い順位で驚きました。
 並み居る都道府県を押さえてのこの順位です。

 私自身、高校を卒業してから15年近く、大分を離れて、東京や神戸などの都会で暮らしていました。その頃は、都会の便利さや華やかさに惹かれていました。
 ただ、大分に帰って来て、故郷である大分で生活をしていると、暮らしやすさを実感します。
 人混みも少なく、コンクリートジャングルもなく、通勤ラッシュもありません。
 また、生まれた時からしゃべっている方言でしゃべることができるのは、素のコミュニケーションがしやすくて良いです。
 また、大分に帰って来て、その良さを改めて実感しました。

 大分には、温泉、美しい自然、美味しい食べ物など、他県に自慢できるものがたくさんあります。

 大分の人たちの多くが、大分県に愛着と誇りを持っていることは、とても嬉しいことです。

-了-


0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例