【解決事例】 治療費打ち切りを提案された方の治療を延長し14級を獲得した事例

, , ,

相談のきっかけ

 被害者は大分在住の30代会社員(男性)で,追突事故に遭い頚椎捻挫・腰椎捻挫のけがを負いました。
 被害者は事故から3か月で相手方保険会社から治療費の打ち切りを通告されたため,弁護士に問い合わせをしました。

 

当事務所の活動

 ①医師面談を行い,治療継続の必要性を裏付けました。
 ②後遺障害申請において,医師に経過状況の証明書を作成してもらうことで,併合14級の等級を獲得しました。  

 

解決金額

傷害慰謝料 約90万円(裁判基準)
後遺症逸失利益 約88万円(裁判基準)
後遺症慰謝料 110万円(裁判基準)
獲得合計賠償額 約310万円

 

解決のポイント

 医師面談が効果的でした。
 むちうちで等級がつく典型的なケースです。

 

>>この事例についてもっと詳しく見たい方はこちらをクリック



関連リンク

>>Q&A 治療費が打ち切られそうなときはどんな対応をとるべきですか?

>>Q&A 医師面談とはなんですか?

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~