40代会社員男性が,子供の成長に事故の影響がでた場合を相談した例


40代会社員男性が,子供の成長に事故の影響がでた場合を相談した例

2年前の事故です。
家族で車で外出していたときに,信号停止中追突されました。
その後病院に行き,通院は自分と妻のみでした。
しばらく通院していたのですが,妻は手足の痺れや痛みで歩けないほどになってしまいました。
去年の秋くらいに症状固定をして,示談をしているのですが,金額に納得いきません。
また,生まれたばかりの子が同乗していたのですが,未熟児で生まれたので事故に遭う前から定期的に検査を受けているのですが,先日病院でMRIに異変があり,事故の影響の可能性は0じゃないと言われました。
保険会社は示談書に文言を入れると言っていますが,本当にそれで何かあった時大丈夫なのか心配です。
どうすべきかアドバイスください。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例