脊柱の圧迫骨折等の後遺障害


脊柱の後遺障害

脊柱とは

脊柱とは、俗に言う背骨のことです。人体では、頸椎7、胸椎12、腰椎5、仙椎5、尾椎3~5の椎骨が連なって構成されています。

むちうち(頸椎捻挫,外傷性頸部症候群,腰椎捻挫など)の方は
下記のページも合わせてご覧下さい。


むちうち(頸椎捻挫・腰椎捻挫・外傷性頸部症候群)に関する後遺障害ページはこちら

むちうち(頸椎捻挫・腰椎捻挫・外傷性頸部症候群)12級と14級の違い?

むちうち(頸椎捻挫・腰椎捻挫・外傷性頸部症候群)治療の4大ポイント

むちうち(頸椎捻挫・腰椎捻挫・外傷性頸部症候群)の判別検査

脊柱の後遺障害の種類

 脊柱の後遺障害の種類としては、以下の3種類があります。
 
①変形障害
脊柱が変形したこと(圧迫骨折や破裂骨折や脱臼など)に関する後遺障

 

②運動障害
脊柱の動きが悪くなったことに関する後遺障害(背骨が曲げにくくなったなど)

 

③荷重障害
脊柱が体を支えることができなくなったことによる後遺障害

自賠責における後遺障害等級

 脊柱についての自賠責の後遺障害等級は以下のように規定されています。

 

等級 後遺障害 自賠責保険金額 労働能力喪失率
6級5号 脊柱に著しい変形または運動障害を残すもの 1,296万円 67%
8級2号 脊柱に運動障害を残すもの   819万円 45%
11級7号 脊柱に奇形を残すもの   331万円 20%

 

 

等級認定基準

 脊柱の変形障害、運動障害、荷重障害の後遺障害等級認定の基準は以下のとおりです。

 

等級により賠償金額が大きく変わります。各等級の賠償金額を知りたい方はこちら。

 

脊柱の変形障害
等級 認定基準
6級5号     

①2個以上の椎体の前方椎体高が当該後方椎体高と比べて減少し、その減少した合計が被災した2椎体の後方椎体高の50%以上になっていること

②Cobb法による側弯度が50°以上であるとともに、1個以上の椎体の前方椎体高が当該後方椎体高と比べ減少し、かつ、その減少した合計が被災した1椎体の50%以上になっていること

 8級2号     

①1個以上の椎体の前方椎体高が当該後方椎体高と比べ減少し、かつ、その減少した合計が被災した1椎体の後方椎体の50%以上であること

②Cobb法による側弯度が50°以上であること

③XP写真等により、環軸椎に脊椎圧迫骨折または亜脱臼による変形が確認できる場合もしくは、環椎と軸椎との固定術が行われた場合で、以下のいずれかの変異が認められるもの

イ 60°以上の回旋位となっているもの

ロ 50°以上の屈曲位または60°以上の伸展位となっているもの

ハ 矯正位の頭蓋底部の両端を結んだ軸椎下面との平行線が交わる角度が30°以上の斜位となっているもの


11級7号          

①XP写真等により、脊椎圧迫骨折または脱臼が認められるもの

②脊柱固定術を行ったもの(ただし、脊柱固定術を行った脊椎間に癒合が認められないものを除く)

③3個以上の椎弓切除術または椎弓形成術を受けたもの

※ Cobb法とは、XP画像から脊柱の側弯の角度を計測する方法のことです。上下の側弯カーブの変曲点で、頚側は椎体の上縁、尾側は下縁で線を引きかウドを求めます。

 

脊柱の運動障害
等級 認定基準

6級5号          
頚部及び胸腰部のそれぞれに脊椎圧迫骨折もしくは脊椎完全脱臼があること、または脊椎固定術が行われたため、頚部および胸腰部が共に強直またはこれに近い状態となった場合と項背腰部軟部組織の明らかな器質的変化のため、頚部および胸腰部が共に強直またはこれに近い状態となった場合
8級2号  

 

 

脊柱の運動障害
等級 認定基準
6級5号 脊柱圧迫骨折・脱臼または項背腰部軟部組織の明らかな器質的変化のために、頚部および腰部の両方の保持に困難があるため、常時、硬性コルセットを必要とするもの                  
8級2号

脊椎圧迫骨折・脱臼または項背腰部軟部組織の明らかな器質的変化のために、頚部または腰部のいずれかの保持に困難があるため、常時、硬性コルセットを必要とするもの

 

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例