男性が保険会社の代理弁護士との示談が難航し困っていると相談した例


男性が保険会社の代理弁護士との示談が難航し困っていると相談した例

3年程前に追突事故にあい、頸椎捻挫・背部打撲と診断され、昨年9月まで整形外科に通院して治療を続けていました。
保険会社が治療費の立替をしてくれたのは6か月間で、7か月目からは自費で通院治療をしていました。
昨年の夏頃に後遺障害診断を取ろうとしたところ、事故から時間が経ち過ぎているという理由で後遺障害診断を断られました。
現在、保険会社が立てた弁護士と示談交渉をしていますが、人身・物損とも金額の提示に納得ができません。保険会社から提示されている金額は妥当な金額なのでしょうか。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例