男性が,示談が難航していたら相手から調停を申立されたと相談した例


男性が,示談が難航していたら相手から調停を申立されたと相談した例

交差点で停車中に後続車に追突される事故にあいました。
この事故により、外傷性頚部症候群と診断されました。
しばらく通院治療を続けて、後遺障害診断を受けましたが、結果は非該当でした。

その後も、保険会社と賠償金額をめぐって交渉を続けていますが、人身の損害についても、物損の損害についても示談ができていません。
最近、保険会社が立てた弁護士から調停を申立てられました。
今後、どのように対応すれば良いでしょうか。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例