会社員女性が後遺障害の等級が付かず今後の治療費について相談した例


会社員女性が後遺障害の等級が付かず今後の治療費について相談した例

道路を走行中に後続車に追突され、車両が横転する事故にあいました。
この事故で、同乗していた幼い息子が左腕にケガをし、左前腕部厚肥性挫創と診断されました。
しばらく通院治療を続けていたのですが、相手方の保険会社の担当者から「後遺障害の等級認定が受けられるケガですので、早目に後遺障害診断を受けてください。」と説明されたので、後遺障害診断を受けて、等級認定の申請をしましたが、結果は非該当でした。

後遺障害診断を受けた後は、保険会社からの治療費の支払がなくなるので、今は自費で通院治療を続けています。
担当の医師からは、息子がもう少し成長した頃に一度手術をしなければならないと言われています。
この将来の手術費用などについても保険会社に支払ってもらえるのでしょうか。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~