会社員男性が,後遺障害等級がつかなかったことについて相談した例


会社員男性が,後遺障害等級がつかなかったことについて相談した例

カーブで対向車線から飛び出してきた対向車を避けて斜面に乗り上げてしまう交通事故にあいました。
この事故で、頸椎捻挫・腰椎捻挫のケガを負いました。
手足にしびれがあり、頚部に狭窄症の所見が見られたことから、保険会社の担当者からは後遺障害の等級について、「自覚症状からすれば14級にはなるだろう、他覚的所見が得られたら12級になるかもしれない。」と言われました。
しかし、後遺障害の等級申請をしたところ、結果は非該当で、納得ができません
これからどうすればよいでしょうか。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~