女性が保険会社から調停を申立され判決に納得いかないと相談した例


女性が保険会社から調停を申立され判決に納得いかないと相談した例

昨年、信号待ちで停車中に駐車場からバック出てきた車に衝突される交通事故にあいました。
この事故で、頸椎捻挫・腰椎捻挫・左膝打撲のケガを負いました。
事故後から通院治療を続けていますが、まだ左膝の痛みなどが残っています。
保険会社とは、事故の後から私自身が交渉をしていましたが、途中から弁護士対応にされ調停を申し立てられました
その調停も不調に終わり、債務不存在確認の訴訟を提起されました。
結局、その事故では、交通事故とケガとの間の因果関係が否定されて敗訴しました。
事故以来いままで、保険会社には代車代しか支払ってもらえていません。
判決の結果には納得していません。
これから、どのようにしたらよいでしょうか

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~