小学生女子と原付の事故で,相手から加害者扱いされると相談した例


小学生女子と原付の事故で,相手から加害者扱いされると相談した例

8歳の娘が歩道を自転車で走っていて、ふらついて車道に出たところに道路を走行していた原動機付自転車がぶつかり、双方転倒する交通事故にあいました。
娘は、左の脛と左肘を打ちましたが、幸い病院に行く必要があるようなケガではありませんでしたが、事故の相手があごを打ち救急車で運ばれ1日入院しました。
事故以来、相手方が、娘が一方的に悪いと言って、入院代の請求をしてきたので支払ました。
今後も、原付バイクの修理代や通院治療費や慰謝料を請求するとのことです。
事故の態様からすれば、娘が一方的に悪い事故ではないと思うのですが、相手方から強く責め立てられていて困っています。どのように対応すれば良いでしょうか。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例