学生男性が歩行中の事故で,弁護士対応され今後が不安と相談した例


学生男性が歩行中の事故で,弁護士対応され今後が不安と相談した例

昨日、信号なしの横断歩道を歩いている時に跳ねられました。
救急車で病院に行き、入院はしなかったが、昨日の夜から腰が痛く、もらった湿布も全部使ってしまったので、今日も診察に行きました。
診察の待ち時間が長く、きつく、早く横になりたいので、今日は診察をせずに、処方箋をもらって帰ることにしました。
昨日、相手保険会社に自分の主張をしていたら、今日弁護士を立ててきて「あれはダメこれはダメ」と色々と言われました。
現在、訓練学校で勉強しているが、右手を使うので、痛みなどで道具をもてなくなったら仕事も出来ないかもしれないし、どうすればいいのでしょうか?
これから保障の事とかを相談したいです。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例