女性が,後遺障害の認定において,MRIの重要性について相談した例


女性が,後遺障害の認定において,MRIの重要性について相談した例

原動機付自転車に乗り、信号のない場所で道路の右側に寄りウインカーを出して右折待ちをしていたところ、よそ見運転をしていた後続の四輪自動車に跳ねられる交通事故にあいました。

この事故で、頸椎捻挫と腰椎捻挫のケガを負い現在通院治療をしています。
現在は、常に首と腰が痛む状態が続いています。
しかし、MRIで客観的に証明されるような痺れの症状はないので、後遺障害が認定されることは難しいという話を聞いたことがあります。
今からでも、高額の慰謝料を勝ち取るために知恵を貸して頂きたくて相談させてもらいました。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例