女性が,後遺障害が非該当で示談書にサインしてしまったと相談した例


女性が,後遺障害が非該当で示談書にサインしてしまったと相談した例

交差点で信号待ちをしているところを後続車に追突される交通事故にあいました。
この事故で、頸椎捻挫・腰部挫傷のケガを負いました。
事故後、しばらく通院治療を続けていましたが、先日、保険会社から言われるままに症状固定とし、後遺障害診断を受けましたが結果は非該当でした。
また、保険会社から送られてきた示談書のようなものにサインもしてしまいました。
いまからでも、弁護士さんに依頼をすることはできますか?

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~