小学生と車との事故で,症状固定後の治療費について父親が相談した例


小学生と車との事故で,症状固定後の治療費について父親が相談した例

息子が、団地の道路で遊んでいたところ自動車にはねられる交通事故にあいました。
この事故で、右足のすねの骨を骨折するケガを負いました。
入院・通院の治療を続けてきましたが、先週、担当の医師から、「これ以上、治療を続けても良くはならないので、症状固定にして治療を打ち切りましょう。」と言われました。
保険会社からは、治療の打ち切りの話はまだ出ていません。

担当の医師からは、「骨はきれいにくっついています。」と言われましたが、骨折した右側の足が内側を向いているように思えます。
理学療法士の先生からは、「今後もリハビリ治療を続けた方が良い。」と言われていますが、症状固定をした後の治療費の支払がどうなるのかなどを聞きたいです。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例