子供がひき逃げに遭い刑事罰についてと,交渉について母が相談した例


子供がひき逃げに遭い刑事罰についてと,交渉について母が相談した例

息子が自転車で、相手はドライブスルーを一旦停止せずに出てきて、息子は跳ねられ飛ばされました。
相手はそのまま逃げたが、目撃者がいて通報してくれたので、2.3分で捕まりました。

大腿骨打撲で太ももが痛くて曲げるとバキバキといい、頭痛もするようです。

自転車の修理代が見積り1万円だったが新品を返して欲しいと言ったら、本人はOKと言っていたが、保険会社は1万円じゃないとダメ。
自転車は最大2万円と言われた。
差額を本人に手出しさせていが、保険会社からはダメだと言われ、まだ修理していない為、タクシーで通学しています。
「自転車がないから、タクシーで通学させます、費用は負担してください」と言ったが、保険会社からはダメだと言われた。

本人が、その事を知っているか不明なので、本人に電話をしたが、出ないため家に行って話をしました。

保険会社から、本人に連絡をするな。弁護士を立てると言われました。

自分も素人なので、脅しなのか分からないが、弁護士をたてられたら自分も立てるしかないと思い電話しました。
ひき逃げをした人に刑事罰を与えたいが、ひき逃げは不起訴になるのですか?

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例