女性が過失割合に不満があり自分の保険使用に抵抗があると相談した例


女性が過失割合に不満があり自分の保険使用に抵抗があると相談した例

片側一車線の本線を走行中、左の駐車場から出てきた車に、側面をぶつけられました。

ケガはしていません。保険会社同士の話がまだ終わっていないが、車修理は出してよいと言われました。

保険会社より82になると言われましたが、納得がいかず、100にして欲しいと言ったが、警察からも『車が動いていたのなら、100にはなりません』と言われたので、せめて91で戦ってほしいと保険会社には言った。

保険を使うと等級が落ちると聞きました。自分が悪くないのに、等級が落ちたり、修理で自分で手出しをしないといけないのは納得がいきません。
保険のしくみ自体よく分からないので、そこも聞きたいです。保険会社が91で戦ってくれるようにするにはどうすればよいですか?

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例