無保険の男性が,相手に弁護士が付き裁判になりそうだと相談した例


無保険の男性が,相手に弁護士が付き裁判になりそうだと相談した例

お互いに一方通行・一旦停止の交差点で、自分が右折で先に進入していたが、直進してきた相手の二輪車が停止する気配がなかったため停止していたところ、側面に衝突された。
自分は保険に入っておらず、相手方の保険会社が調査しており、自分が先に交差点に進入していたことは確認している。
しかし相手方は弁護士を立てて直進のほうが優位であると主張しており、自分の過失割合が7、裁判になったら8,9になると言われている。

そのようなことがあるのか。相手方も弁護士を立てているので、弁護士に相談したいと思い電話しました。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例