会社員男性が後遺障害の異議申立てと弁護士対応について相談した例


会社員男性が後遺障害の異議申立てと弁護士対応について相談した例

出会いがしらの事故で、自分のみが負傷した。
頚椎の痛みや手足の痺れ・浮腫が有り、病院にも通院している。
既往歴があるが、医師から今回の事故で症状が悪化している旨診断書を作成してもらい保険会社に提出したが、後遺障害等級は非該当になった。

異議申立てを行いたいが、現在相談している弁護士が交通事故に詳しくないようで不安である。
弁護士は14級で申立を行うというが、医師からはもっと上の等級が取れるような説明を受けている。
自分の意見書を付けてもらいたいが、弁護士にそのようなことを言ってもいいのかも分からない。

交通事故に詳しい弁護士に相談したいと思い電話しました。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例