会社員男性が,足の痺れが残ったが等級非該当となったと相談した例


会社員男性が,足の痺れが残ったが等級非該当となったと相談した例

直進車線を走行中、右折していたら対向車線を走行していた直進車にぶつかられた。
打撲を負い通院していたが足の痺れが治らず、医者に後遺障害診断書を書いてもらい、被害者請求をした。
しかし、結果は非該当だった。
そこで異議申立てをしたいのだが、どのようにしたらいいかアドバイスをもらいたくて今回電話した。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~