弁護士と行政書士の違い


弁護士と行政書士の違い


「交通事故の問題を解決するために専門家に相談をしたい」と思われた方の中には、弁護士に相談しようか行政書士に相談しようか迷っている方もいるかもしれません。そして、弁護士と行政書士の違いがはっきりとわからずに、どちらにも相談できずにいる方もいるかもしれません。

業務範囲の違い

では、弁護士と行政書士は、どのように違うのでしょうか。
弁護士と行政書士では下の表のように業務範囲がはっきりと異なります。

業務内容 弁護士 行政書士
 書類作成    △(※)
 示談交渉 ×
 調停 ×
 訴訟 ×

※行政書士は、保険会社に提出する資料は作成できますが、裁判所へ提出する資料の作成ができません。


交通事故問題の解決には、交通事故の専門化である保険会社と専門的知識を駆使して交渉を行う必要があります。そして、交渉によって解決できない場合も多く、その場合には、訴訟を起こさなければ適正な賠償金額を得ることができません。
この点、上の表にあるように行政書士は、依頼者の求めに応じて交通事故に関する書類の作成や示談書の作成をすることはできますが、被害者の方を代理して示談交渉をしたり訴訟をしたりすることはできません。行政書士に相談をしても、その相談に基づいて保険会社と交渉をしたり訴訟をするのは、あくまでも被害者本人です。
それに対して、弁護士は、被害者の方に代わって交通事故問題を解決するための一切の行為を行うことができます。したがって、弁護士に依頼をすれば、弁護士が被害者の方を代理して保険会社と示談交渉を行い、訴訟まで行います。

弁護士は、裁判などの経験をもとに事件の的確な分析・判断ができます

また、一般に、弁護士の方が行政書士よりも、交通事故問題についての的確な分析・判断ができるといえます。やはり、交通事故の争いに関して、訴訟をしたことがあるかないかということは決定的な違いです。訴訟にまでなるということはそれだけ争いが大きいということですし、交通事故の専門家である保険会社を相手に訴訟をするには、高度な専門的知識を駆使して緻密に分析を行い、的確な判断を行うことが必要です。このような訴訟の経験を積み重ねている弁護士と、訴訟を行ったことのない行政書士では、交通事故事件の分析・判断の能力に違いが出てくるのは、むしろ当然といえます。

弁護士費用についても心配はいりません

弁護士費用は高額なんじゃないかと心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、心配はいりません。そもそも、弁護士が介入することによりほとんどのケースで賠償金が増額するため、費用倒れとなることはありません。また、現在全世帯の3分の1が対象となっている『弁護士費用特約』の対象であれば、実質的に弁護士費用の負担なく弁護士に依頼をすることができます。さらに、当事務所は完全成功報酬制ですので、当事務所にご相談いただく場合には、費用の心配はありません。
 
 
当事務所では、初回のご相談は無料で行っておりますので、交通事故問題でお悩みの方は、まずは当事務所までお気軽にご相談下さい。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例