会社員男性が,業務中に事故に遭い症状固定の時期について相談した例


会社員男性が,業務中に事故に遭い症状固定の時期について相談した例

約5年前に、高さ約4メートルの作業場から落下する労災事故にあいました。
この事故で、頭蓋骨骨折・脳挫傷・外傷性くも膜下出血・外傷性頚部症候群のケガを負い、約2週間の入院し、その後も通院治療を続けました。
事故から約2年後に症状固定となり、外傷性頚部症候群について労災で12級の等級が認定されました。

しかし、昨年から左半身がしびれるなどの症状が出てきたため、病院で検査をしてもらったところ、外傷性てんかんと診断されました。
そして、労災に再発申請をして認定され、その後、通院治療を続けています
現在、投薬治療の影響などで症状はひどくはないのですが、いま症状固定の話が出ています。
また再発をしても困るので、もう少し治療を続けたいと思っています
が、どのように対応すれば良いのでしょうか。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例