「むちうち」12級と14級の違い ~他覚的「証明」と「説明」

1 「12級と14級」では大きな差がある

  頚椎捻挫による頚部痛や上肢のしびれ,腰椎捻挫による腰痛等が残存した場合,後遺障害等級としては,「非該当(自賠責保険上の後遺障害として認定しないこと)」,「14級9号」,「12級13号」のいずれかと判断されます(下表参照)。
 非該当,14級,12級で,賠償される範囲に大きな違いがあることがわかります。

 

むちうちの後遺障害結果と保険金・賠償金の違い

等級

医師による
必要所見

自賠責保険の
支払限度額
裁判基準での
後遺症慰謝料の目安
12級13号 ・神経学的所見
・画像所見
224万円 290万円
14級9号 ・神経学的所見
・自覚症状と一致
75万円 110万円
非該当 なし なし

 

2 12級・14級の区別基準

一般的な基準 

 では,むちうちの後遺障害等級の判断を分ける基準と言うものはどういったものなのでしょうか。
 自賠責保険が用いている表現は,以下のとおりです。

等級 公表されている基準
12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの


 では,どういった症状が「局部に頑固な神経症状を残すもの」にあたり,どういった症状が「局部に神経症状を残すもの」に当たるのでしょうか。

 

実際の認定理由

 むちうちによる後遺障害について,12級13号,14級9号が認定された場合,以下のような文章が理由書に記載されます

等級 認定理由の記載の一例
12級 ○○画像上,○○所見が認められ…(神経系統の)所見が認められることから,
他覚的に神経系統の障害が証明されるものと捉えられ,
・『局部に頑固な神経症状を残すもの』として別表第二12級13号に該当するものと判断します。」
14級 他覚的に神経症状の障害が証明されるものとは捉え難いものの,
治療状況や症状経過等を勘案すれば,将来においても回復が困難と見込まれる障害と捉えられることから
・『局部に神経症状を残すもの』として別表第二14級9号に該当するものと判断します。』

 

ここから,むちうちによる後遺障害が12級となるには,「他覚的に神経系統の障害が証明される」必要があることがわかります。
 さらに,「他覚的に証明される」とは,少なくとも,画像所見と神経学的所見とが一致していることが必要であるとの見解が一般的です。


(※後遺障害等級の専門家は,以上をまとめて,12級は「症状が『証明』できる」,14級は「症状が『証明』まではできないが『説明』はできる」ものと表現しています。)

 

 

「他覚的に証明される」の意味

 

 「画像所見と神経学的所見の一致」とは,「画像上,脊椎周辺の神経の圧迫所見があり,当該神経の支配部位に,圧迫の態様と整合する異常反射等の所見がある」ということだと考えられます。

 

(整形外科学上,神経の圧迫の態様によって,反射がなくなる,減退する,出過ぎるといった影響が細かく分けられているのです。>>深部腱反射テスト)

 

 以上をまとめると,むちうちによって,12級が認定されるためには,少なくとも,①けがをした患部だけでなく,腕,足などまでに神経症状が自覚されており,②画像に圧迫所見があり,③画像の圧迫所見と腕,足などの神経症状の態様が一致するという要件があると言われているのです。

 

 したがって,むちうちによる後遺症について適正な等級を獲得するためには,必要な検査を吟味しなければならないのです。

 

 

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例