むちうち(頸椎捻挫・腰椎捻挫・外傷性頸部症候群)

「むちうち」とは~むちうちのケガと「問題点」


 「むちうち」は,交通事故ではもっとも現れやすいケガの一つです。 軽く考えてしまいがちなケガですが,治療が長期間に及んだり,場合によっては,14級や12級の後遺障害等級が認定されることもあります。
 「むちうち」について正しい知識をもって,正しい賠償を受けましょう。

 

「むちうち」とは

むちうちの定義


 そもそも「むちうち」とは,背骨に急激に力が加わることによって,背骨の可動域を超える過伸展,過屈曲(曲がりすぎること)が生じて現れる種々の症状を総称したものをいいます。


 整形外科では,首のむちうちであれば,「頚椎捻挫」・「外傷性頚部症候群」,腰のむちうちであれば,「腰椎捻挫」・「外傷性腰椎症」などとして診断名を付けられます。

 

交通事故によっておこる障害の半数以上がこの症状になります。平成26年に全国で交通事故により負傷された方は約72万人いらっしゃいますが、そのうち、全体の約59%が頸部(首)を負傷された方です。
(警察庁「平成26年中の交通事故の発生状況 損傷部位別・状態別死傷者数(平成26年中)」)。 

 

むちうちの症状


患部のいたみ


 むちうちの症状の代表格は「痛み」です(医学的には「疼痛」と表現します。)。

 この「痛み」は,患部のほかその周辺にまで及ぶことが多くあります。

 たとえば,首のむちうちであれば,首から肩・肩甲骨あたりまで痛みがあることがありますし,腰のむち打ちであれば,腰から背中・お尻まで痛みが出ることがあります。

 

鈍麻感,感覚消失などの神経症状

 むちうちによって,痛み以外の症状も出ます。 たとえば,首のむちうちによって,肩が重だるく感じられたり,張り,凝りが取れないといったこともあります。

 

上肢・下肢へのしびれ

 重症のむちうちでは,手足に影響が出ることがあります。 

 首の背骨には腕や手につながる支配神経が近接しており,腰の背骨には脚につながる支配神経が近接しているため,むちうちによる影響がこれらの神経を圧迫したりすることがあるからです。

 

吐き気・めまいなど

 さらに,むちうち直後の症状として,吐き気・めまいなどが出ることもあります。 これらをバレ・リュー症状と呼んでおり,病院ではブロック注射によって抑制することが多いです。

 

むちうちの「問題点」


 交通事故ではとても症例の多い「むちうち」ですが,適切な賠償を得るにはとても注意が必要なケガなのです。

「むちうち」は客観的には認識できないことがある

 むちうちは,背骨に大きな力がくわわったときに起こる症状ですが,じつは,骨や筋肉,神経に一見異常がないのに痛みが発生し,持続するということが多いのです。

 レントゲンやMRIを撮影しても,一見異常が認められないにも関わらず,痛みが出ることが医学的に知られているケガと表現することもできます。


 したがって,「患者が本当に痛いのか」どうかは,患者の自覚症状以外に,証明方法が少ないのです。

 ですから,保険会社は,むちうちの交通事故被害者に対して,治療の早期打ち切りを提案してきたりするのです。

 また,後遺症として残存してしまった場合には,きちんとむちうちを証明できるような資料を集めて後遺障害申請をする必要が出てきます。

 

「むちうち」についての保険会社との交渉や,後遺障害の申請に悩んだ際は,まず弁護士に相談してみましょう。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例