【解決事例/009】 40代会社員男性が傷害部分につき裁判基準での賠償を受けた事例

,

40代会社員男性が傷害部分につき裁判基準で賠償を受けた事例

相談のきっかけ

 依頼者は,後続車に追突される事故に遭い,外傷性頚部症候群のけがを負いました。
 依頼者は,後遺障害認定で非該当の結果を受け,保険会社から示談金の提示を受けましたが,その金額の妥当性を知りたいと,弁護士に問い合わせをしました。

当事務所の活動

 当事務所は,依頼者は症状固定後も入院治療を受けていたことから,慰謝料の増額を要請しました。
 その結果,慰謝料について,裁判基準以上の賠償を受けることが出来ました。

解決金額

保険会社の当初の提示 約70万円
当事務所が関与した結果 約108万円

解決のポイント

 

後遺障害等級がない場合弁護士費用特約への加入が肝要です。



>>この事例をもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~