【解決実績】 頚部神経症状の残存した自営業男性が14級を獲得し裁判基準での賠償を受けた事例


40代自営業者が14級の等級認定を受け裁判基準で示談できた事例

相談のきっかけ

 依頼者は,自動車で走行中,車線変更をしようとしたトラックに後方から追突されそのまま数百メートル押し込まれるという事故に遭い,頚椎捻挫・腰椎捻挫のけがを負いました。
 依頼者は約8か月間の通院加療をするも上肢のしびれや頚部の痛みが続いたため,後遺障害について詳しく知りたいということでお問い合わせをいただきました。

当事務所の活動

①受任当初,依頼者は保険会社から治療費を打ち切られつつあったため,弁護士が交渉し,治療費の支払を継続させました。
②後遺障害診断に際しては,依頼者に同行して,医師と面談をしました。そこで,必要な検査について説明し,施行して頂きました。
当事務所が後遺障害申請を行い,14級9号の等級認定を受けました。

解決金額

傷害慰謝料 約117万円
後遺症慰謝料 約110万円
後遺症逸失利益 約119万円

※いずれも裁判基準

解決のポイント

img_kura(100-150.JPG

症状固定前に相談に来て頂けたことがポイントです。

 

>>この事例についてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

 

関連リンク

>>医師面談とはなんですか?

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例