【解決実績】 脛腓骨骨折・下腿醜状痕のけがを負った7歳女児が300万円以上の増額示談をした事例


左脛腓骨骨折・下腿醜状痕の7歳女児が300万円以上の増額示談をした事例

相談のきっかけ

 小学1年生の女児(7歳)が,道路を横断中に自動車にはねられ,左脛腓骨骨折右下腿打撲・左下腿皮膚潰瘍(かいよう)のけがを負いました。
 女児は,左脛骨・腓骨の変形傷害として12級8号が認定されましたが,保護者は「自分たちだけで保険会社と交渉できるかわからない」と弁護士に問い合わせをしました。

当事務所の活動

①保険会社が提示してきた逸失利益を依頼者に有利に変更し,過失割合を有利に変更しました。
②醜状痕に対する将来の手術費用として,将来治療費についても支払いを受けることが出来ました。
                                               

解決金額

保険会社の当初提示 約684万円
当事務所が関与した結果 約994万円

解決のポイント

img_kura(100-150.JPG

児童の後遺障害については特別な検討が必要です。

 

>>この事例についてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

 

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例