【解決事例/002】 頚椎捻挫・腰椎捻挫で併合11級を獲得し適切な賠償を受けた事例

, , ,

相談のきっかけ

 依頼者は歩行中,後ろから走行してきた自動車にはねられました。
 依頼者は,頚椎捻挫・腰椎捻挫のけがを負い,行政書士に依頼して後遺障害申請を行ったところ,併合11級が認定されました。
 しかし,今後の交渉を弁護士に任せたいという気持ちから,弁護士に相談しました。

 

当事務所の活動

 裁判基準による損害賠償請求を行い,裁判基準に沿った内容での示談に成功しました。

 

解決金額

休業損害 約270万円
入通院慰謝料 120万円
後遺症慰謝料 420万円
後遺症逸失利益 約485万円
損害合計金額

約1400万

 

解決のポイント

 等級申請・示談交渉のどちらも専門家に依頼したことで適切な解決となりました。


>>この事例についてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

 

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~