【解決事例/001】後遺障害診断を適切に受けた上で示談金額を約30倍に増額した事例

, ,

相談のきっかけ

 横断歩道歩行中,右折してきた自動車に衝突され,右橈骨遠位端部骨折などのケガを負う。
 依頼者は,保険会社から示談金額48万円を提示され,疑問に感じたため,弁護士に相談。

 

当事務所の活動

 右手首の可動域制限があることを明示した後遺障害診断書を入手し,弁護士が自ら後遺障害等級申請を行いました。
 ②その結果,後遺障害等級12級6号を獲得しました。

 

解決金額

当初の保険会社の提案金額 約48万円
当事務所が関与した結果 約1524万円(約30倍)

 

解決のポイント

 「保険会社の提案にサインする前の連絡」これが重要でした。

>>この事例についてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

 

関連リンク

>>Q&A 後遺障害申請は保険会社に任せる場合と弁護士に頼む場合で違いはありますか?

 

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~